あらすじ

6つの太陽が存在するため、いつも昼の世界の物語。この世界の住民は本能的に暗闇を恐れる性質をもつ。そんな世界に2千年ぶりに夜が訪れた・・・。

評価 review_5

ちょっとした発想で話が広がる

夜がない世界に夜が訪れたらそこの住民はどうはんのうするのか。ここに焦点を当てた物語です。

発想はシンプルなんですよね。ワープとかエイリアンとかは出てきません。”夜”だけです。 それだけでここまで話が面白くなるとは!

大御所の作品は話の進め方が上手いです。話の中盤で”夜”が来てからは一気に読み進めてしまいました。

あと個人的にはタイトルが好きです。『夜来たる』しびれます。本当に個人の感想ですが(笑)

↓公式のあらすじはAmazonで確認できます。