あらすじ

ある日突然、地球の各都市の上に現れた巨大な宇宙船群。オーバーロード(上帝)と地球人から呼ばれている宇宙人達は、宇宙船の中にこもったきり姿を見せぬまま圧倒的な科学力を背景に地球の統治を進めていく。宇宙人達の賢明な統治は地球に平和をもたらした。姿すら見せない彼らの真の目的は一体何か?

評価 review_4

超絶科学力の持ち主

この宇宙人の科学力がすごいんです。これだけの差があったら逆らいようがありません。例えば時間を止めることができます。

「心配はない。彼らは大丈夫だ。いま彼らは、麻痺状態ーーーというより、もう少し微妙な状態に置かれている。つまり、正常な世界よりも、数千倍遅い時間で生きているのだ。われわれが行ってしまっても、彼らには何が起こったのかすらわかるまい」

水風船が破裂した瞬間をこの目で見れます。花火やライターの炎も自分の目で色んな角度から見てみたい。

さらに過去の出来事もなんでも見ることができます。なんでもありです。

人はただダイアルを調整するだけでよい。するとそこに、過去への窓が開くのだった。過去五千年間の人類の歴史のほとんどが、一瞬のうちに、誰でも手の届く存在に変わるのだ。

モアやドードーなどの絶滅した動物がどんな姿だったのか見てみたいですなぁ。

あとは織田信長とか歴史上の人物がどんな人だったのかとかですかね。今伝わっている歴史って書物で伝わっているのがほとんどですからかなり美化している部分があるでしょうね。実際に見たら大したことないってところもかなりありそうです。

暮らしの清潔度も今よりだいぶ落ちるでしょうし、文化も今とは異なります。お歯黒の女性にニッコリと微笑まれたらウッって引く自信があります。画像検索したらすでにちょっと怖かったです……。

↓公式のあらすじはAmazonで確認できます。